■ギター・ジャズについて
梅田 光雄
〜ギタージャズの流れ〜
 ギタージャズについてですが、最初の頃(1930年代)は電気ギターもなくバンドのリズムだけをとるリズムギターでした(メロディーをとっても聞こえない)。
30年代後半から電気ギターが出てくるとソロ(アドリブ)をとれる様になり、チャーリー・クリスチャン(米)やジャンゴ・ラインハルト(仏)というジャズギターの元祖が出て来ました。その人達に影響されてピリー・バウアー、ジミー・レイニー、バーニー・ケッセル、タルファロー、ケニー・バレル、ウエス・モンゴメリー、ジム・ホール、ジョー・パス等、今のジャズギターのスタイルを作り上げた人達が出て来ました。オーソドックスなスタイルのジャズギタリストです。

 1940年〜1970年以降、ロックやR&Bをやつていたギタリスト達がロックとジャズをミックスしたクロスオーバーというジャンルの音楽を作り上げました。
そのきっかけは69年にマイルス・デイビスが出した『ピッチェズプリュー』というアルバムでした。初めてマイルスが自分のバンドにギターを入れた時でした。それまで、オーソドックスなジャズギターを弾いていたのですが、僕にピッタリの音楽だと感じ(以前ロックとかやつていたから)、すぐにクロスオーバーに飛びつきました。その頃のギタリストにジョン・マクラフリン、ラリー・コリエル、ジョージ・ペンソン等がいます。

 今ではクロスオーバーの事をフエージヨンと言いますが、ロック的要素が多いバンドと、ジャズ的要素が多いバンドとに分かれている様に思います。僕はジャズ的要素が強いパットメセニーやジョンアバンクロンビー等が好きです。

 70年代以降のギタリスト(クロスオーバーギタリスト)もほとんどが前半に挙げたギタリスト達の影響大です(似たようなフレーズが出てくる)。
ギタージャズの歴史は、Sax、Piano等に比べると浅いですが、その変化は一番変わっているように思います。

 電気楽器ゆえにちょっとした音質の選び方でサウンドが全然変わってしまいます。でもオーソドックスなジャズギタリストは高音をカットして低音を少し上げるという、似たような音作りをしています。それは少しでもぶっとい音になるようにということですが(普通にするとエレキギターの弦は細いので、か細い音になってしまう)、他の楽器音に負けない様な音作りをしている。だからギタージャズの音色はトランペット、Sax等に比べるとマイルドなサウンドになっている様に思います。

〜おすすめレコード〜

 ジャズギターの楽しさについて皆さんが知りたいと思われるなら、いろんなギタリストを聴くしかないと思いますが、まずおすすめはウエス・モンゴメリーのLP、『アディン・ザ・ライフ』、『ロードソング』等です。これらはイージーリスニングジャズといってJAZZをあまり知らない人でも聴きやすく演奏されています。曲目もビートルズや映画音楽、フォークソング等が入っています。僕も最初はこのLPでした。
 このウエス・モンゴメリーがなぜ親指だけで弾いたかというと、隣部屋にうるさくない様、ピックを使わないで親指でそっと弾いたらしいです。隣で子供が7人寝てたらしいです。モンコメリーのもっとすごいところは、朝7時〜夕5時までラジオ工場、夜7時〜11時まではジャズクラフ、深夜12時〜3時までナイトクラブ、7人の子供を食べさせる為に働いていたそうです。それがムリをしたのか、42歳で亡くなりました。残念!!
 楽しみ方は人それぞれですが、そのプレイヤーのルーツとかエビソード等知りながら聴くと、また違った聴き方が出来ておもしろそうですね。

〜ギタージャズの楽しみ方〜

 ジャズの楽しみ方としては、オリジナルのメロディーをまず知っておくとより楽しめます。
ジャズは1コーラス目はその曲のメロディーを弾きますが、2コーラス目からアドリブになります。
仮にカルテット(4人)とすれば、仮にSax、Piano、Bass、Drumsの場合、Saxから順に4コーラスほどアドリブしていきます。
 ラストコーラスは、またメロディーを弾いて終わります。楽しみ方はその曲のメロディーをどの様に崩してアドリフしているかを楽しむわけですが、あまり知っているメロディーが出てこないからといって耳をそむけないで、バンドのSwing感とか色々楽しみながらジャズをお聴きください。